2005年07月15日

バジリスク〜甲賀忍法帖〜「散花海峡」

黒々とした空間が漂う「バジリスク」。
人は悲しく、醜く、気高くて・・・
そして、ずっと心に生き続ける。
今週もまた一人、海の藻屑と消えていく・・・

・第14話「散花海峡」

弦之介たちの歩いているシーンから始まるのだが
弦之介の目が開いていた・・・
アレは、弦之介様だよね?

弦之介と朧の揺れるハート回想シーン、
裏であんな事があったなんて(笑)
朧も言われる通り瞳閉じたのにぃ〜
げんちゃん!もう少しだったのに残念だったね。

天膳が朧を手篭めにしようと迫る。
「命のセイを注ぎ・・・」
天膳のセリフが全て何故かエロく感じる〜。
朧の柔肌が〜素肌が〜〜!!

朧が伊賀の人の名前を叫ぶ・・・
「朱絹・・・陣五郎・・・・小四郎!」

朧の悲痛な叫び声は小四郎まで届くが
小四郎は、何も出来ない自分に対して耳を塞いだり唇を噛む。

「小四郎〜〜〜!!」

朧の悲惨な叫び声で、ついに這い蹲りながら
朧の元へ・・・

しかし、その前に霞刑部が天膳を持ち上げ
窒息させていた。
凄いよ!霞刑部!朧のピンチを救ったよ!
アリガト〜霞刑部〜〜〜(笑)

可愛そうなのは、陣五郎。
あんなに海を怖がっていたのに、
最後は海に投げ込まれて、溶けてしまったたらーっ(汗)・・・
朱絹が着物を脱いで飛び込んだけれど間に合わなかった。

海に投げ飛ばされた、
陣五郎の姿は笑わずには居られなかったが(笑)

これでまた伊賀の二人が・・・と、思ったのですが!
最後にニヤケ顔で出てきたのは?
天膳?
死んだはずでは・・・不死身なのだろうか?


甲賀残る、5人。
甲賀弦之介・霞形部・如月左衛門・室賀豹馬・陽炎

伊賀残る、4人。
朧・薬師寺天膳・筑摩小四郎・朱絹


バジリスク〜甲賀忍法帖〜Vol.2【限定版】
封入特典・映像特典満載スペシャルDVD「バジディスク2」付09/28発売

posted by 翡翠 at 11:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バジリスク〜甲賀忍法帖〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック